[セラピールーム楽ゃ Home]

クレニオセイクラル・ワーク

オステオパシー
カイロプラクティックも最近では大分知られるようになってますが、本場アメリカでカイロが産声をあげる以前よりオステオパシーは存在しているにも関わらず、日本ではまだまだ一般に対しての認知度が低いのが現状だと思います。

カイロ発祥より遡る事21年前の1874年、アメリカのミズリー州カークスビルでアンドリュー・テイラー・スティル医師によりオステオパシーは創始されました。

1864年、彼がカンサス・シティーに住んでいた頃、流行性髄膜炎で三人の子供と父親を亡くしており、他にも生後間もなく三人の子供を亡くし、結局七人の子供のうち生き残ったのは長女一人だけという悲しい現実が、その後彼が自然医学の研究へと一生を捧げる原動力となり、それからの研究の末、筋骨格系などの異常が病気の根源だと考えはじめるようになりました。

そしてそれらの異常を手技によって取り除く事により、本来の機能の回復を目指すというもので、ギリシャ語のオステオ(骨)、パソス(治療)からオステオパシーと名づけました。

何かカイロと似ていますが、もともとはオステが先に存在しております。
クレニオセイクラル・ワーク(頭蓋仙骨療法)1
【クレニオセイクラル・ワークとは?】

頭蓋仙骨療法とはいったい何なんでしょう?
ではまたかいつまんで、歴史を説明いたします。

頭蓋仙骨療法は1899年カークスビルのアメリカ・オステオパシー・スクールの学生であったウィリアム・ガナー・サザーランドにより発表されました。

頭蓋(とうがい)は1つの骨ではなく、15種類・23個の骨で構成されています。
それらの骨の合わせ目は縫合と呼ばれ、ジグソーパズルの組み合わせ線のような波形の線(縫合線)で複雑に結合されています。

彼は「全ての自然のデザインには目的がある」との強い確信を持っており、側頭骨の鱗状縫合が魚のエラに似ている事に着目し、側頭骨も魚のエラのように動いて呼吸しているのでは?というアイデアから自らの頭を器具で固定したり、さまざまな実験を繰り返しているうちに頭蓋の動きに精通し、そして様々な人々の頭を触診し始め、頭蓋の微小な動きを感じられるようになり、仙骨(おしりの真中の骨)との相互関係を発見しました。

そして頭蓋骨が動くのは脳自身が動いているからではないかと推論し、脳が膜組織を動かし、膜組織が骨を動かし、そして脳脊髄液を変動させるとし、脳脊髄液の循環に関わるシステムの事を「第一次呼吸」、肺を使った呼吸システムを「第二次呼吸」としました。

この脳脊髄液は神経の新陳代謝やホルモンの運搬、脳や脊髄を保護する役割を果たし、また呼吸や心臓の拍動とは違う自立した一定のリズムを持って流れています。

この脳脊髄液による第一次呼吸システムを活発化させるのが頭蓋仙骨療法であり、クレニオは英語で頭蓋骨、セイクラルは仙骨のことを言います。

サザーランドの頭蓋オステオパシーは後にジョン・アプレジャーD.O.により複雑な頭蓋オステオパシーを独自の理論・研究により体系化し、10ステップで構成されたテクニックをクレニオセイクラルセラピー(CST)と名づけ、一般にも広く普及させ貢献します。

そしてサザーランド晩年の研究は現代にも受け継がれ、ジェームスS.ジェラスD.O.の提唱するバイオダイナミクスアプローチとして今も発展しております。

補足:
クレニオセイクラル・ワークとは?
クラニオセイクラル・ワーク(頭蓋仙骨療法)2
【5gタッチ】

ふ〜〜〜っ、前回とりあえず「頭蓋仙骨療法とは何か?」の仕込みが終わったので、固い話はほどほどに先へまいりましょう。

クラニオセイクラル・ワーク(頭蓋仙骨療法)での触れ方には特徴があり、よく5g圧とか言われます。
2gとか3gとも言われますが、要は5g以下のタッチで相手に触れるという事なのですが、5gの重さっていったい・・・?

『重い』という漢字自体、一体何gから適用されるのでしょうか?
むしろ5gの軽さと言った方が何か5gに近いような感じがします・・・。
『軽い』という漢字よりきっと軽いんでしょう。
軽い=10gだとしたら、多分0.5カルです! ヾ(--;)ぉぃぉぃ

もっと分かりやすく例えるとしたら

月曜の朝の気分=1kgなら金曜の夜の気分が調度5gにあたります。

失恋の痛手=1tなら遠距離恋愛中の再会のトキメキが二人分で5gに相当します。
(しかしこの値は二人のバランスにより変動をきたすので、誤差が生じあまり正確には測れません)

給料日前のサイフの重さと気分は反比例しますが・・・    ヾ(_ _。)ハンセイ…

もとい

空気の重さって日頃意識しませんが、あまり感じないほど軽いので重さと言われてもあまりピンときませんが、空気でも1リットルで約1.5gあるらしいです。
3g圧で触れるとすると空気2リットル分。

もっと身近な物だと
はがき=3g、一円玉=1g、十円玉=4.5g、百円玉=5g 

つまりクラニオセイクラル・ワーク(頭蓋仙骨療法)は百円玉タッチで触れるという事になります。

最初の頃は「軽く触れなきゃ!軽く、かる〜く、そ〜っと、そーっと」と5gのプレッシャーが手に集中し、指は小刻みにプルプル、呼吸が止まるほど緊張し、相手にとってみれば「来るぞ!くるぞ〜〜っ」といった感じで逆にプレッシャーを与え、気分は1kg圧で触れていたと思います。

実際ご家庭にある計りに触れてみると分かりますが、それを長時間維持するのは


無理です!!

少なくても私には・・・。
しばらくこの5g圧の呪縛に獲り付かれていましたが、除霊させて頂き気分が軽くなりました。

今は私の結論として5gに囚われる必要はないと諦めました。
それよりも『意識の軽さ』に重点をおいています。


ではどういう事なのか体験してみましょう!

「両手を体の横でブラ〜ンとさせて軽く眼を閉じて楽に立ってみます」

「自分の好きな石をありありとイメージし、それを両手で軽く持っているつもりになります」

「その石の感触はどんな感じでしょうか?ザラザラしてますか?ツルツルしていますか?」

「では次にその石の重さを感じてみましょう!」

「その時あなたのカラダはどんな感じですか?」

何か感じたでしょうか?


『意識が変わればタッチの質も変わる』

つまり『正月の気分』で触れるという事です。

ではなぜそこまでしてクラニオセイクラル・ワーク(頭蓋仙骨療法)は軽い優しいタッチにこだわるのかというと。

人のカラダは常に外の刺激から自分の身を守ろうとしています。
強い刺激に対して、相手のカラダは逆に守りに入り拒絶されてしまいます。
しかしソフトで繊細な刺激なら相手のカラダも受け入れやすく浸透していきやすいのです。

つまり『押しても駄目なら惹いてみな!』という事でしょうか?

おあとがよろしいようで・・・。
クレニオセイクラルワーク(頭蓋仙骨療法)3
【心を傾ける傾聴の姿勢】

前々回、脳脊髄液の循環に関わるシステムの事を「第一次呼吸」と説明しましたが、この第一次呼吸のリズムとされるCRI:クレニアル・リズミック・インパルス(頭蓋の周期的な衝動)を感知する事により評価やセッション(施術)の手段として利用されています。

これは呼吸(15〜20/分)や脈(60〜80/分)とは違う1分間に6〜12のサイクルで汐の満ち干きにも似た微細なリズムを絶えず繰り返し全身に伝わっています。

クレニオセイクラルワーク(頭蓋仙骨療法)は頭蓋骨〜仙骨や膜組織に優しく働きかける事により、カラダの奥に溜まったストレスが開放され、それによりCRIが整い自然治癒力を高めていく事を目的としています。

しかしこのリズム(CRI)を感知するには注意点がありまして、決して相手に侵入してはいけないのであります。

つまり相手のリズムを身を乗り出して探しにいってはならず、それを見つけたとしても重箱の隅を突くように深追いし判断してはならないのです。

侵入すると相手のカラダは圧迫感を感じ、逆に新たな緊張を作り出す事になってしまいます。

例えるとしたら、会社のパソコンで仕事をしている最中、上司が自分の後ろで黙ってジ〜ッとモニター眺められて仕事がやりずらくなるような感じでしょうか?

相手のカラダの声に耳を傾けるとこう言っています。

『私の話に口をはさまず最後まで黙って聞いてください』

『私はあなたに結論を求めてはいません、良い悪いの裁きを受けるために話すのではないのです』

『話の最中、心をこめて相槌を打ってくれると、私をありのままに受け止めてくれているのがよく分かり、さらに話しやすくなります』

『あなたに相談して心の整理がつきホッとしました』

『おかげで元気をもらい、後は自分でなんとかできそうです』

『最後まで話を聴いてくれてありがとう』

・・・そうだん?オイラまだ何も話してないんだけど?
 
なにか女性の話を聴く姿勢に似ていますが・・・。

それとも公園で自由に遊ぶ子供を優しく見守る親の心境とでも言いましょうか?

どうも第三者には本人を治してあげる事はできないみたいです。

ほんのわずかなキッカケを与える事のみが許され、後はその人の内なる力が自然と自らを癒すのをただ見守るだけです。

われ包帯するのみか?

やはり『押しても駄目なら惹いてみな!』って事?
Home        Info        Session        Access        Link        Mail